箕輪研究室のご案内

指導教員
箕輪徳二 教授 (経営学博士)

研究分野
経営財務論

研究テーマ
株式会社の経営財務論、特に証券金融(株式・社債)、自己金融等の理論・制度の歴史的・財務分析的な研究。

過去および現在の研究内容
株式会社の経済理論をベースにして、歴史的、制度的に財務分析の手法により、戦後日本の大規模株式会社財務の諸問題を実態的に考察検討してきた。

主な指導内容
本演習では、経営財務の基本文献を読み、理解を深めることを目的としています。後半では、自分の興味のあるテーマをリサーチし、先生の指導の下に研究内容を卒業論文の作成に活かすようにしています。

担当科目
学部: 経営財務論経営財務論特講演習(論文指導)
大学院(修士課程): 経営財務論
大学院(博士課程): 経営財務特論
株式会社財務制度研究会(月一度開催)

主要業績
『戦後日本の株式会社財務論』(泉文堂、1997)
『新しい商法・会計と会社財務 改訂増補』(箕輪・三浦編著、泉文堂、2004)
「大手都市銀行の財務体質の改善─不良債権、株式評価損と法定準備金の改正─」(財務管理学会『年報財務管理研究』第14号、2003)
「資本制度改革と会社財務」(日本財務管理学会編『年報財務管理研究』第15号、2004)

所属学会
日本経営財務研究学会、日本財務管理学会、証券経済学会、日本社会関連会計学会

イベント・合宿
これまでは、秋と冬に、草津温泉のリゾートホテルに格安で合宿し交流を深め、スキー等を楽しんでいます。年一回OB・OG会(学部・大学院)を行い、先輩との交流を深め、就職活動等に活かしています。

このブログの人気の投稿

7月研究会の開催情報について